漢の花道 参

逝くも地獄 戻るも地獄 漢… 儚き生き物よのぅ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

木下優樹菜

タレントの木下優樹菜(21)が15日、都内でケータイ小説を書籍化した「あたし彼女」(kiki著)の朗読&トークショーに出席した。

木下は、慣れない朗読の緊張から、2度かみながらも無事に読み終え「緊張通り越して自分の世界に入った。
『愛してる』と言うのは恥ずかしかった」。
自身の恋愛話も披露し、高校生のときに車のトランクに入った100本のバラをプレゼントされたというステキな体験を話してみせたが「隣で彼氏に寝言で全然違う名前を呼ばれたこともある。そのときは殴りました。息止めてやろうと思った」と木下らしいエピソードも。
14日のバレンタインデーは「1人でチョコレートフォンデュを作ってました」と、さみしく過ごした1日に肩を落としていた。

【090216】【090216】 (1)【090216】 (2)【090216】 (3)【090216】 (4)【090216】 (5)【090216】 (6)【090216】 (7)【090216】 (8)【090216】 (9)【090216】 (10)【090216】 (11)【090216】 (12)





やっぱ可愛い、木下
根っからのガテン系だったんだろうね
ちゅうか、今でもだけどね

何かのTVで告白してたけど、とても”尽くし系”らしい
彼氏に『やれ』と言われた事は何でもしちゃうとか…
想像するにいやらしい
高校生時代から社会人(ヤンキーね)と交際してたと言う木下
何を『やれ』と命令されてたかは想像に容易い
若い男女のカップルだ
ヤル事と言えば…むふっ

そんな木下だがそんなに”汚れ”ってなイメージは沸かぬ
何か…綺麗に汚れてるって感じかな(←どんなんだ?)
サバサバしたガテン系口調も聞いてて心地よい
何よりもこの抜群のスタイルが、ガテン調と相反しててサプライズ的な魅力となっている
好きだなぁ

一時代を築いたと言っても良いだろうお馬鹿ブーム
そろそろ陰りが見え始めてるよね
男女含めたあのお馬鹿軍団から何人が生き残れるのかねぇ
木下の行く先も不安ではあるのだが、あのキャラを埋没させるのはあまりに勿体無い
しばらくは生き残って欲しいタレントのひとりですな

ググッ!とひと押し宜しく【煮】
スポンサーサイト
  1. 2009/02/16(月) 06:04:38|
  2. I-DOLL
  3. | コメント:0
<<深田恭子 | ホーム | 引越しますた>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

FREE BBS

漢の花道 いどばた板

COMMENT

NEWS

LINK

このブログをリンクに追加する

SPONSORD LINK

CATEGORY

I-DOLL (292)
ADULTY (0)
TASTE (0)
OTHER (60)
CINEMA (35)
FIGHT (6)
RINK (69)
***** (0)

ARCHIVE

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。