漢の花道 参

逝くも地獄 戻るも地獄 漢… 儚き生き物よのぅ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

長島☆自演乙☆雄一郎

コスプレ戦士の長島☆自演乙☆雄一郎(25)が、K-1 WORLD MAXで初優勝を飾った。
1回戦・名城裕司、準決勝・龍二を1回KOで撃破。
決勝では中島弘貴を3回1分58秒、右フックでKOに仕留めた。

「世界へのアニメ布教」をうたい、コスプレばかり話題になってきた男が、実力を証明。
日本代表決定トーナメント史上初の全試合KO優勝で、歴史をつくった。
「優勝賞金(500万円)は親に渡したい。迷惑をかけたから。あとはネット関係(の周辺機器)を整備したい」。


1試合目
http://www.youtube.com/watch?v=O4AKFMNIHds
2試合目(準決勝)
http://www.youtube.com/watch?v=vUaEwcRcffw
3試合目(決勝3R目)


まぁ、おめでとう!と言いたい
そして、どれもこれも面白い試合だったよね♪
ただ…世界のレベルと比較するとどうしてもねぇ…
でもそれはそれ
尚一層精進して、世界大会では活躍して欲しいね

で、だ
この長島選手の応援に駆けつけていたコスプレ女性達が可愛らしいと、ちょっとした話題になってるらしい
1_20100329181032.jpg2_20100329181031.jpg3_20100329181030.jpg
ぐおっ 可愛えぇぇ
の中でもだ
特にスポットを浴びてるらしいのがこの子
4-1_20100329181030.jpg4-2.jpg
やばいなぁ もろ好みぢゃないかい
でもだな
5_20100329181024.jpg
このように、他の子達もなかなか粒揃いだぞ
しかしっ…
やっぱり一番手の子は長島にぴったりと寄り添っちゃってるね
『今夜は私をKOしてね』臭がプンプンしてるぜ
優勝賞金500万もゲットしたしなぁ
こりゃ、しばらくは酒池肉林だぜ、長島

記事が楽しかったらググッ!とひと押し宜しく【煮】
スポンサーサイト
  1. 2010/03/29(月) 18:20:11|
  2. FIGHT
  3. | コメント:0

亀田vsポンサク

WBC世界フライ級王座から陥落した亀田興毅(23)の父史郎氏(44)が試合後、判定に猛抗議した。
焦点は5回の偶然のバッティングによる減点ポイント。
WBCルールにより、ガルシア・レフェリーは、負傷のないポンサクレックに減点1を科した。
直後にもバッティングが生じたが、これは両者が負傷したため、減点対象にはならなかった。
しかし、史郎氏は「レフェリーは2回減点と言った。確認も取った。
安河内に話したら『申し訳ない』と言った。それじゃすまない。展開が変わってくる」と激高した。

試合後、史郎氏は控室に日本ボクシングコミッション(JBC)の安河内事務局長とガルシア氏を招き入れて説明を要求した。
安河内氏によるとそこでガルシア氏が「ポンサクレックを2点減点した」と誤った話をしたという。
史郎氏の怒声は、報道陣が集まる扉の外まで響き渡った。
「何で見て見ぬふりするんや。こんなジャッジおかしすぎるやないか。あんな採点あるか」と言い放った。
さらに安河内氏に対して
「オレを怒らしたらどないなるか、覚えとけよ。おのれのクビ、とったるぞ、こら!」とどう喝。
セコンドライセンス無期限停止の解除を求めている最中だが、自らを微妙な立場に追い込んでしまった。
その後、報道陣には「もう1回再戦とWBCに言う。責任とってもらう。(減点2と)認めたんやから」。
それだけ言うと、一方的に会見を打ち切った。


これを受けてJBCは深夜午後11時から会見。安河内氏は「レフェリーは『少し混乱して2点減点と言ってしまった』ということだった」と話し、レフェリーの裁定通りに減点1で正しかったとの見解を語った。
さらに抗議する立場にない史郎氏の行動についても「別問題として協議する」と話した

おやじ
どうも…
二日連続でクローズ失敗した日ハム武田久が心配で5時間しか眠れなかった煮〆です…

しかしまぁ、史郎よ…
これで、過去から現在における亀田ファミリーの愚行の諸悪の根源はこの親父だと判明したわな
この発言が本当だとしたら【抗議】じゃなく【恫喝】だぜ
今時、ヤクザ屋さんでもそんなセリフは吐かんぜよ

俺は拉致されて『海に沈めるぞ』とは言われた事ありますけどね…へへへ
で、結局この恫喝で自分の息子が晒し者になるってとこまで頭が回らんのかなぁ、この親父は
こりゃ、余程のアンポンタンだぜ

ここ最近、亀田長男は大人になってたよね
試合前には相変わらず色々と対戦相手を挑発してたけど、あんなのはどこにでもある光景
全くノーマンタイ
だから、少しは応援してたんだけどなぁ
で、試合さ
やっぱ、まだまだ世界との差は歴然だったよね
とは言っても、長男の方がチャンプだったんだけどさ
俺の中では全然認めてなかったんでね、彼の戴冠
試合後の採点
俺的にはもうちょっと差が付いてたんだけど、意外と点差がなかったよなぁ
の中でだ
ドロー採点にしたオッペケペジャッジが一人だけ居たね
ありゃぁ恥ずかしい
当然、裏工作があつた上での事だと理解してるが…あの試合をドローにしては恥ずかしい
そしてもう二人
実況アナウンサーと解説者のヘタレ鬼塚
何で毎度毎度あんな解説・実況しかできないかねぇ
多少の自国選手寄り解説は範疇だが、あそこまであからさまだとこっちが赤面しちゃうよ
番組後のビートたけし談

そりゃそうだ♪
彼らもキーテレビ局の思惑とかで無理矢理言わされてるんだろうけどさ
でも、神聖な拳闘技があんな輩達に貶められるのは我慢がならん
何とかならんもんかのぅ…
拳闘技好きとしては悲しくて仕方が無いわ
兎にも角にも…
長男に今以上の伸びしろは感じられないんだよなぁ
相変わらずの【ガードを固めて接近~弱めの左右フック】攻撃しか出来ないもんね
これは次男にも言える事
まだ見ぬ三男もきっと似たようなもんじゃねーーーのかなぁ
あの親父の教えで育ってんだし…

とまぁ、こんな自虐的な発想しか沸かなくなる訳よ、親父の愚行のせいでさ
ちょっと…息子達が可哀想になってきてます
根は良い子達なんだろうけどなぁ…知らんけど

記事が楽しかったらググッ!とひと押し宜しく【煮】
  1. 2010/03/28(日) 17:26:22|
  2. FIGHT
  3. | コメント:6

UFC110

CAP-00024.jpg
昨日WOWOWで放送されたUFC110の模様を!
対戦カードはこんな感じ
CAP-00025.jpg
日本でもお馴染みの三選手が出場してますねーーーーー
ミルコ、シウバ、ノゲイラです♪
じゃあ早速試合経過を↓
mCAP-00026.jpg第一試合にミルコ登場
mCAP-00001.jpg何とパンツに日の丸が!
『自分が開花したのは日本。だから第二の故郷と思っている』との事
涙が出るほど嬉しかったよぉぉぉぉぉ
mCAP-00001 (1)mCAP-00001 (2)
相手はちょっと格下だったからね
難なく圧勝でした♪

vCAP-00004 (5)第五試合にシウバ登場
俺のハートもヒートアップ!
ヤッタレーーーーーーーーーシウバーーーーーーーー
と…
あれ…
vCAP-00004.jpg
何か違う気が…目の錯覚か?
vCAP-00004 (2)
いやいやいやいやいやいやいや
錯覚じゃねーーーべ
vCAP-00004 (4)
確信した…
やったな、こいつ…
シウバを知らない人に説明しておこう
とにかく強い
日本を主戦場としていた時代は負け知らずの絶対王者だった
そして見た目が恐い
これがそれだ
v1_20100222181608.jpgv2_20100222181608.jpgv3.jpg
この顔を記憶し、踏まえて昨日の試合前の写真を見て頂きたい
違いが解るだろうか?
こいつ…いつの間にかくっきり二重になってんじゃん…
何を考えてんだ?シウバ
何をいまさら色気づいてるものか…
決してUFCにおいては強さを発揮出来ているとは言えないシウバ
プチ整形する時間があるなら練習に没頭して欲しいんだがなぁ
でもまぁ、こんな感じでこちらも圧勝
vCAP-00004 (6)vCAP-00004 (7)vCAP-00004 (8)
相手もイギリスのエース格のビスピン
決して弱くはない相手に圧勝だったって事は、整形はしても練習もしてたって事よね
そして…試合後も二重は健在でした
vCAP-00021.jpgvCAP-00021 (1)

nCAP-00023.jpgそしてメインに登場、ノゲイラ
否応無しにもテンションが上がる
何たって、相手のベラスケスは只今人気・実力ともに赤丸急上昇中の新鋭だ
ここでベテランがガツンと楔を打っておかねばな
同じ中年として俺の応援にも力が入る!
が…
nCAP-00013.jpgnCAP-00013 (1)nCAP-00013 (6)
なんとまぁ…
あれよあれよと言う間に秒殺KO…
過去にも何度かKOされた事はあるノゲイラだが、流石にこれだけの秒殺負けは見た事ねぇ
ここはやっぱ、ベラスケスの強さを認めるべきなのかなぁ
確かに強かったわな
ではその模様を↓

うむ…
やっぱ、見直しても強いな、こいつ
ノゲイラの復活を強く望む!

とまぁ、こんな感じの格闘技ネタ
今までは【漢の花道 零】で取り上げてたんだけど、こっちに引っ越して来ました
と言うか、なぜに今まで【零】でアップしてたか理由が解らん
きっと…寝ぼけてたのよね、アタシ
に伴い、カテゴリーに【FIGHT】を追加しました!宜しく

記事が楽しかったらググッ!とひと押し宜しく【煮】
  1. 2010/02/22(月) 18:25:07|
  2. FIGHT
  3. | コメント:2

内藤vs亀田

mrt0911292108013-p5.jpg
元々内藤を強いと思っていない俺なので、今日の結果はそんなに驚かない
亀田が内藤に勝つとしたらこんなパターンしかないわな
と言うか、誰が相手であったにしろ内藤の低いガードと大振りフック対策にはカウンターのショートパンチが有効だなんて素人の俺でも解るわな
が…過去の対戦相手は出来なかった
今日の亀田は実行し、そして勝利した
なので、素直に考えれば祝福に値する!はず…
が、どうしてもその気になれないのは何でなのかなぁ
やっぱ、あの三兄弟の小生意気加減が嫌なんだろーなー
輪を掛けてあの親父だもんな

今後この新チャンプがどんな防衛ロードを重ねて行く気なのかは判らん
が、往年の過去のチャンプの時のように『次は誰と試合すんのかなぁ』なんてワクワク感は皆無だな
俺の勘に間違いがなければ、防衛戦はしょっぱい相手を選ぶんだろうなぁ
流石に世界ランクベスト10にも入らんようなタイ人とかは指名できないけど、絶対しょっぱい相手を選ぶはず…
つまんねぇなぁ

まっ、内藤お疲れさん♪ってとこだよね
歳も歳だし、今後は若手の育成に尽力して欲しいな
技術面の指導は疑問符ものだが、精神面の指導は上手そうだしね
兎に角
勘違いして、タレント活動一辺倒に走るような馬鹿だけはやめて欲しいと切に願います

記事が楽しかったらググッ!とひと押し宜しく【煮】
  1. 2009/11/29(日) 16:01:32|
  2. FIGHT
  3. | コメント:0

パッキャオvsコット

12583693470001.jpg
[ラスベガス 15日 ロイター] 
世界ボクシング機構(WBO)は14日、ウエルター級の世界タイトルマッチ12回戦を当地で行い、挑戦者のマニー・パッキャオ(フィリピン)が王者のミゲール・コット(プエルトリコ)を12回テクニカル・ノックアウト(TKO)で下し、新王者に輝いた。
パッキャオはこの結果、5階級制覇を達成した。

パッキャオは試合後のインタビューで「急がず自分の時間で戦う作戦だった。試合が進むにつれ、KOの一発を狙った」と語った。

一方、敗れたコットは「マニーは、自分がこれまで戦ってきた中で最高のボクサーの1人。パンチがどこから来るか分からなかった」とコメントした。
2人の戦績は、パッキャオは50勝(38KO)3敗2分け、コットが34勝(27KO)2敗。


【試合動画】※観れなかったらニコ動に登録してね(無料・害なし)
http://www.nicovideo.jp/watch/sm8824301
http://www.nicovideo.jp/watch/sm8824520

兎に角、随分前から楽しみだったこの試合
パッキャオの事は前にも語ったから今更説明の必要もなかろうかと…
なったって相手のコット
このプエルトリカン
滅茶苦茶強いんだよーーー
この試合前までは34勝(27KO)1敗
攻防兼備のベストファイターさ
試合前オッズではパッキャオがダブルスコアの差をつけて断然有利との予想
だが俺はそんな事思わなかった
コットの綺麗にまとめあげられたボクシングを切り崩すのは流石のパッキャオも難しいのでは?こりゃ…負けもあるぞ!と読んでたからね
が、よ
蓋を開けてみたらまさしくパッキャオの完勝
コットの良さがひとっつも出されぬままにTKO
こりゃ本物だわ、パッキャオ

試合は日曜の正午からWOWOWにて生中継された
俺は波遊びの真っ最中
朝起床してから録画操作して浜に向かい、帰宅しすぐに第観戦した次第
2ヶ月に一度の格闘技UFC
毎週放映されるエキサイトボクシング
と、映画
この三つを観たいが為だけに俺はWOWOW開局以来視聴を続けている
昔はこれに加えて前田日明主催RINGSもあったんだけどなぁ…終わって残念
有難いぞ、WOWOW
全米でこの試合を観るにはペーパービュー購入しなくちゃならないんだからね
WOWOW月々2000円
たかが2000円、されど2000円
"ボクシング生中継"この時とばかりにその2000円がその価値を発揮する
これだからWOWOWはやめられねぇ!


WOWOW関係者、宣伝したから何かくれ
記事が楽しかったらググッ!とひと押し宜しく【煮】
  1. 2009/11/17(火) 15:58:11|
  2. FIGHT
  3. | コメント:0

パッキャオvsハットン

20090503-00000327-reu-spo-view-000.jpg
[ラスベガス 2日 ロイター]  国際ボクシング機構(IBO)のスーパー・ライト級世界戦は5月2日に当地で行われ、挑戦者のマニー・パッキャオ(フィリピン)が王者のリッキー・ハットン(英国)を2回2分39秒のKOで下した。 「パウンド・フォー・パウンド」の高い評価を受けるパッキャオは1回にハットンから2度のダウンを奪うと、2回に左フックで相手をキャンバスに沈めた。

まずこのふたりを紹介しておこう
マニー・パッキャオ【フィリピン 30歳】48勝3敗2分 36KO
「Pacman(パックマン)」の愛称で知られ、サウスポースタイルからの左ストレートを主武器に数々の豪快なKO勝ちや名勝負、番狂わせの勝利を連発し、アジア人初の4階級制覇王者となった。
2008年12月6日のオスカー・デ・ラ・ホーヤ戦のフィリピンでのテレビ視聴率は98%を記録し、アジア人史上最高額となる1試合1500万ドル(約13億5千万円)以上のファイトマネーを獲得した。
多くのボクシング専門誌・サイトのパウンド・フォー・パウンドランキングで1位に輝いている。
ミンダナオ島ではフィリピン国軍とイスラーム反政府組織による戦争が行われているが、パッキャオの試合が行われる度に「皆でパッキャオを応援するべきだ」という理由で双方が戦闘を見合わせて、テレビの前でパッキャオを応援している事が話題になっている

リッキー・ハットン【英国 30歳】45勝1敗 32KO
元WBA、IBFおよびIBO世界スーパーライト級チャンピオンであり元WBA世界ウェルター級チャンピオン。
ファイティングスピリットに溢れた突進力と回転の速い連打が持ち味で、猛然と相手を打ち倒す事から「殺し屋」の異名を持っている。
また、常にKO勝ちを目指す姿勢はイギリスのボクシングファンのみならず世界中で人気がある。
クリンチを多用するスタイルから日本では『相撲王子』というあだ名をつけられているが、フロイド・メイウェザー・シニアをトレーナーに迎えて以降は減少傾向にあり巧みなワンツーを使うようになっている。


なんたっさ~
パッキャオはアジアが生んだ最強ボクサーだよねぇ
今回の放送も『これが日本人だったらなぁ』なんて羨望の目で眺めてました
まぁ、今回のハットンも名高い選手ではあるけど、過去の戦歴が凄い
マルコ・アントニオ・バレラ
ファン・マヌエル・マルケス
エリック・モラレス
オスカー・ラリオス
デビッド・ディアス
オスカー・デ・ラ・ホーヤ

凄過ぎる
そして先日引退を表明したスーパースター、オスカー・デ・ラ・ホーヤ
つまり、デ・ラ・ホーヤの最後の相手がパッキャオになったって事
8ラウンドTKOで下した試合だったんだけど、素晴らしい出来だったパッキャオ
貴乃花が千代の富士に引導を渡した試合とダブりました

兎に角、今一番油が乗ってる感のあるパッキャオ
残るスーパースターと言えば…そぅ…フロイド・メイウェザーですねぇ
やるのかなぁ
やればいいのに
楽しみだなぁ♪

-------------------------------------------------------------------
とまぁ、こんな感じで書いてきます
好きなんだよねぇ、格闘技
昨今、プライドが消滅してからすっかり日本における格闘ブームも去っちゃった感じ
今はUFCのひとり勝ちかな
の中にあり、ボクシングは人気の山坂が少ない
いつもマイペースであり、上手い具合に新旧交代劇が進んでいる、昔から
また気になる格闘試合があったら特集します


  1. 2009/05/10(日) 11:48:00|
  2. FIGHT
  3. | コメント:0

FREE BBS

漢の花道 いどばた板

COMMENT

NEWS

LINK

このブログをリンクに追加する

SPONSORD LINK

CATEGORY

I-DOLL (292)
ADULTY (0)
TASTE (0)
OTHER (60)
CINEMA (35)
FIGHT (6)
RINK (69)
***** (0)

ARCHIVE

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。